FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆ぜ・・・

 パーティ紹介第5弾。おかげで今月の記事数が久しぶりに2ケタ行けるのではないかと思っています。今日は私の第6戦目、なおきち戦で使用したパーティの紹介です。今回は大会統一コンセプトに加えて2つのコンセプトを採用しています。そのうち一方のコンセプトが少しやりすぎかなと思っていたので対戦前からなおきちに謝罪していました・・・
 追加コンセプトは大爆発搭載霊獣ランドロスを使用すること、NNで「いぇーい。なおきちみてるぅ~?」コンボを達成することの2つです。なおきちのNNなおきちのランドロスの大爆発禁止令によりランドの先発が確定。そこから大会統一コンセプトを守りつつ順番が決まっててもある程度何とかなるパーティを目指したらこうなりました。先発NN「いぇーい。」はランドロス、二番手の「なおきち」はゲンガー、ハッサム、キノガッサ、ラスト「見てるぅ~?」はポリ乙とファイアロー。このパーティ紹介では現在のNNを記載しています。
 なおきちのパーティはペンドラー、ハッサム、カイロス、ウルガモス、フォレトス、バルビートでした。詳しくはなおきちのブロマガを見てください。
vsなおきち
ゲンガー(NN よいえがお)浮遊 臆病CS @ゲンガナイト
136-76-80-182-95-178
シャドーボール ヘドロ爆弾 マジカルシャイン 道連れ
 メガ進化枠2。後述する理由で急遽採用された子。汎用性の高さからこの子が選ばれました。ハウス用の襷ゲンガーからそのままパーティに入ったため、かなり浮いている存在ではないでしょうか?3つのコンセプト(実質2つ)を同時に採用することのむずかしさを実感させられた初代枠でした。ランドロスがいるためカイリューやメガカイロスといった氷弱点勢を採用できないのがつらかったです。

ハッサム(NN あたまが3つ)テクニシャン 意地っ張りHA @ハッサムナイト
177-200-121-65-100-85
バレットパンチ 燕返し 虫食い 剣の舞
 メガ進化枠1。構想初期からパーティに入っていた子。メガ枠が2体目か3体目か決まっていないころから考察していたので型がコロコロ変わっていました。最終的には2体目の中心をこの子が担うことになりました。基本はランド、ハッサム、ポリ乙の選出を想定しており、実際なおきちとの対戦でもそうなりました。ハッサムの技は毎度悩むのですが、今回もバレットパンチ、燕返し、剣の舞+虫食いとこの子の当初の型(バレパン、燕、剣舞、羽休め)からそんなに変わらないものとなりました。(お気づきの方が大半だと思いますがこの子はあのーさん戦で使用(流用)した子と同一個体です)今回はある程度虫統一を意識したということもありますが私としてはバレパン、燕の2つの技はかなり使いやすいと思います。このままでは鋼が重いので馬鹿力なり泥棒なりを入れるのが良いのかなあと最近では思っています。

キノガッサ(NN しょくぶつ?)ポイズンヒール 陽気HS @毒毒玉
167-151-100-66-80-134
グロウパンチ 身代わり 岩石封じ キノコの胞子
 ニドキング(当初案)、ハッサム、ポリ乙、ランドロス、アローまで決まってパーティを見てみると水タイプがやばいことになっていたので3世代からは水タイプに強めの子をチョイスすることとなり、選ばれたのはこの子でした。この型が水タイプに強いとは思えませんが使ってみたかったため採用しました。厳選数を減らすため育成待ち個体がいたというのもこの子が採用された理由だったりします。グロパンの枠は草技、守るなどに変えたほうが良いのか今でも悩んでいます。まだ使いこなせていないのですが、はまればやはり楽しい型ですね。

ポリゴンZ(3Dプリント)適応力 控え目C特化S調整残りH @拘りスカーフ
183-84-90-205-95-120
騒ぐ シャドーボール 破壊光線 冷凍ビーム
 毎度のポリゴン枠。ランドロスと2体目枠がかなり仕事をしてくれているはずなのでとりあえず1匹は持って行ける型ということでHCベースのこの子を採用しました。この子はアズラ工ノレさん用のパーティで使用した子の技をスカーフ仕様にしたものです。そこそこの素早さと耐久そして素晴らしい火力やっぱりポリ乙って良いですねぇ。みだれさんのように私もいろんなポリ乙の型を考えていきたいなあとこの子を使ってみて改めて思いました。当初は2体目での採用も考えていたのですが、メガ枠を2体目に集中させた方が選出の幅を持たせやすくなること、ハッサムからつながる特殊ATが他に思い当たらなかったという2点から現在の位置づけになりました。

霊獣ランドロス(NN うきあしだつ)威嚇 陽気AS @気合の襷
164-197-109-112-100-157
地震 岩雪崩 地ならし 大爆破
 このパーティの最重要ポケ。そしてこのパーティで一番厳選が面倒だった子です。厳選にかかった期間は2日。陽気U-V-27-V-V-Vの個体が出たので採用しました。チョッキ型も考えましたが大爆発を成功させやすくするために襷にしました。(後述しますがあほみたいな勘違いをしていたのも襷になった一因です・・・)基本は地震、岩雪崩、相手によっては地ならしでS下げという感じを想定していました。そして最後は大爆発!・・・したかったなあ・・・。単純な大爆発の火力では全ポケモン中3位らいいです。そのためSの上がる陽気としました。対戦後に地ならしは岩石封じでも良いのでは?といわれ岩石封じの存在を思い出しました。火力、命中を重視するなら地ならし、確実にSを下げたいなら地ならしなのでしょうね。今後どうなるのかは不明です。

ファイアロー(NN ファイアー)颯の翼 意地っ張りHA @青空プレート
185-146-92-81-89-146
ブレイブバード フレアドライブ 羽休め 鬼火
 3体目に求められるのが後処理でその役割にふさわしいのはと考えたときに真っ先に思い浮かんだ子です。ただランド、ハッサムと物理ATが連なるため選出機会はほとんどないだろうと思っています。この子も流用。意地っ張りAS型の方が良いのかなあなどと考えましたが、私の負担軽減を考慮しこうなりました。結果としてこの負担軽減により4世代厳選の時間が捻出できたはずです。

 細かいものを含めて4つのコンセプトでかなり縛られているパーティでした。コンセプトの縛りに加え虫統一を少しだけ意識しつつ汎用性のあるパーティを組むということが難しかったです。結果としては特に選出順縛りが厳しく、たとえ苦手であっても順番は変えられないため汎用性の高い子を詰め込むことになり、大会1,2を争うガチパになったのではないでしょうか?そのせいか対戦の流れのせいかハッサムで試合終了しそうになったので最後はあのようなプレイングになってしまいました・・・もちろん汎用性があり、選出縛りを設けてもフリーでかなりの勝率を出すことができています。
 厳選はランドロスのみ、育成はランドロスとキノガッサのみだったので比較的楽でした。
 当初案ではどういうわけかランドロスが追い風を覚えると思いこんでおり初代枠は追い風前提のニドキングでした。しかし育成の時になってようやく覚えないという当然の事実に気づき、急遽ゲンガーに変更したという経緯があります。(その時もっていたニドキングのNN変更ができないという理由もありました)そのため2体目の枠が中速勢となっているのです。

 noteさんとなおきちの2人のパーティは今大会で一番試運転までしっかりできたものでした。ここから残り2パーティはリアルの忙しさ、パーティ確定の遅れのためあのような形になってしまいました。次回はそのうちの1つヒロシゲさんのとの対戦で使用したパーティを紹介します。

では、バイニャラニャライバー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だいふく

Author:だいふく
ポケモンとかガンダムとか鉄道とかを愛好する和菓子。
アニメも適当に見ている。中身はおそらくこしあん。
適当に記事を書いていきます。リンクフリーです。
ちょいちょい生放送しています。
ニコニコミュニティ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。