FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道って遠い

 少し前のことになるのですが、この春の鉄道旅行に行ってきました。
 もともと去年の夏からこの春には北斗星に乗ろうと計画していたのですが、私の3月のダイヤ改正では北斗星は大丈夫だろうという予測が外れたせいでチケットが取れず大変でした。
 2月17日上野発の北斗星のソロの切符が取れたのでこれで札幌へ行き、数日滞在して帰るというのが当初の案でした(もし札幌発のトワイライトエクスプレスの切符が取れればそれで帰るつもりでしたが案の定取れませんでした。)
 しかし19日の昼前に関東に帰ってこないといけないことになってしまい、どうしたものかとなっていました。
まず、札幌を12時台に出るスーパー北斗でその日のうちに東京につくルートを考えたのですが、北斗星が遅れた場合厄介なので没。
 次に青森で宿泊し初電のはやぶさに乗るルートを考えこれにしようと思っていました。
そしてふと、はまなすを使えば初電のはやぶさに乗れるのではということに気が付き、この機会にはまなすにまで乗っちゃおうということで、18日22時札幌発のはまなすと19日6時17分新青森発のはやぶさ4号の切符を取り、旅程が決定しました。飛ぶという発想は端からありません。
 結局札幌滞在時間は10時間ちょっと、去年の夏といい札幌滞在時間が短いです。

 17日北斗星は定時に上野を発車し、いざ札幌へ。初めてのB個室でした。おもったより広く、これで開放寝台と料金が変わらないのは良いなと思いました。
 グッズ、記念弁当を買い、その夜は寝ました。途中たしか石鳥谷駅で長時間止まっており何だろうと思いながら八戸あたりまで寝ていました。その後青函トンネルを抜けるまでは寝転がってうとうとして、青函トンネルを抜けたあたりで朝食の列に並び、函館手前で朝食を取りました。この時点で1時間ほど遅れており函館でスーパー北斗4号を先行させるため、30分停車。ここでDD51の撮影のために外に出ると、車両基地にキヤE193系がいるではありませんか。せっかくなのでDD51とともに撮影してきました。
 この後遅れを伸ばすことなく札幌へ。1時間25分遅れで札幌につきました。遅れの原因は石鳥谷駅で機関車の点検をしていたこと、函館でスーパー北斗を先行させたことの用です。
この遅れによりスーパー北斗7号に札幌で乗れなかったので遅れを考慮したはまなすルートにして正解でした。
 札幌では14時のトワイライト、16時のカシオペア、17時の北斗星を撮影し、夕食を食べ、時間があったので意味もなくエアポート快速に乗って札幌と新千歳空港を往復(ずっと寝ていました)しました。車種が789系1000番台で快適なシートでした。エアポートとして使われるので特急用車両なのに車内に優先席の表示があったり、通路に立って乗る人がいるのは新鮮でした。
 トワイライトとカシオペアの間には前回行けなかったポケモンセンターサッポロへ行ってきました。かなり狭い店でしたね。これまでベイトウキョーとフクオカ以外の店に行ったのですが、トーホクと同じ規模だと思います。さすがに一番初めのナゴヤよりは広いですが・・・この日がドリドリの発売日だったので店内にはドリドリが流れていました。特に買いたいものもないので45分ほど店内を見たり、スタッフとのダブルバトルを観戦したりして楽しみました。
 北海道から本州へ戻るためにはまなすに乗りました。この日は所定の7連でした。ただしなぜか1号車とDD51の間に回送幕のスハネフが。回送のために連結しているという旨の張り紙がドアに貼られていました。知り合いに聞いてみたところ、はまなすにはたまに函館に回送する客車が連結されるんだとか。おどろいたのは客車の傷みの激しさ。北海道という環境のせいなのでしょうが見ていてかわいそうに思えました。乗車してすぐに寝てしまい5時に起きたので乗車時間のほとんどが寝ていたことになりますが、この列車の場合はそれでよかったのだろうなと思います。起きたときには青函トンネルを抜ける直前で最後尾を確認したら回送のスハネフはいなくなっていました。トンネル内で徐行していたようで5分ほど遅れていましたが、つがるへの接続はするとのことで実際つがるは乗客の移動を待っていました。つがるを見送りながら485系3000番台を次に見ることはできるのだろうかと思いました。
 青森からは奥羽本線の普通に乗ることにしていたので、発車までの時間ではまなすの寝台車と座席車の切り離し準備やDE10の連結を見ることができました。そして新青森へ行き、はやぶさで東京へ帰りました。新青森―盛岡と盛岡以南では最高速度が60km/hも違うのでさすがに車窓、振動が違いましたね。初めてのはやぶさで初めての320km/h運転なので少し興奮しました。実はこのはやぶさではグランクラスに乗りました。金額の観点からかなり悩んだのですが、19日の予定を考え、この機を逃すと乗らないだろうということから決断しました。新青森から仙台までは私しか乗っておらず独占状態でした。新青森―八戸間は撮影で終わってしまい、そこからシート、サービスと楽しみました。シートの快適さ、シートピッチの広さはさすがですね。これはやはり北海道新幹線開業を見越しているんだろうなあと思いました。
 そんな感じの行きより帰りのほうが費用がかかった旅行でした。慌ただしかったのですが、かなり楽しめたと思います。この春はこれ以上の出費をするのが厳しいので鉄道旅行はこれっきりになります。次は夏に向けて貯蓄していきたいです。

では、バイニャラニャライバー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だいふく

Author:だいふく
ポケモンとかガンダムとか鉄道とかを愛好する和菓子。
アニメも適当に見ている。中身はおそらくこしあん。
適当に記事を書いていきます。リンクフリーです。
ちょいちょい生放送しています。
ニコニコミュニティ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。