スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

士道&万由里グリーティング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

万由里ジャッジメント

 お久しぶりです。絶賛夏休み中の和菓子屋です。明日から東北方面へ旅行に行くためまだまだ夏休みです。
 今日・・・というか昨日はデート・ア・ライブ万由里ジャッジメントの公開日。当初は公開日に見に行ければなと思っていたのですが、いろいろあって舞台挨拶回を見に行ってきました。どっちに行ったかって・・・そりゃ・・・両方です。
 あほじゃないかとか思われるよなあとか思っていますが好きなものなんてそんなもんです。舞台あいさつについては鍵付き記事に書いておき、ここでは
ネタバレ満載というか全編振り返って劇場版本編の感想を書いていきます。ストーリすべてばらすので興味ない方、ネタバレを気にする方はここで引き返してください。本当にただ本編の内容を書き連ねているだけなので閲覧する際にはお気を付けてください。
 

続きを読む

奇跡の一致率

 2日くらい遅くなりましたがなおきちリーグに間に合わなかったむいさんとの対戦で使用したパーティです。まずはメンバーからご覧ください。

vsむいさん

ピカチュウ(NN エコハ)避雷針 陽気AS @電気玉
111-107-60-63-70-156
猫だまし 叩き落とす きあいパンチ ボルテッカー
 パーティのマスコット枠。本当に悲しい種族値の持ち主だと改めて思いしたらされました。ボルテッカーを使ってみたかったのでこのような型になりましたフレ戦枠でゴース相手に見せた耐久のなさを私は忘れないでしょう・・・時間がなかったため気合パンチは適当に入れたのですが、どういう技にしたらましになるんですかね?初めて育てて、考察したのですが、火力も実数値200程度低いBD、やや遅いSとやっぱり微妙・・・色違いが緑なら色粘ってたんでしょうね。

ニドクイン(NN アオオー)力ずく 控え目CS @スカーフ
166-96-107-139-105-128
ヘドロウェーブ 大文字 冷凍ビーム 大地の力
貴重な特殊AT。どういう型にするか悩んだのですが低めのSを補うためにスカーフ型としました。試合ではうまいこと行かなかったのですがこのパーティにはこういう型で良かったとは思っています。私にはやっぱりニドキングだなと思いました。

ダグトリオ(NN ノーぼっち)蟻地獄 陽気AS @気合の襷
111-132-70-58-90-189
地震 岩雪崩 ステルスロック 置き土産
 よくある型を採用した子。このパーティだとこの子でステロ巻いてカイロスで相手を倒すのが普通の人が行きつく一つの流れではないでしょうか?岩雪崩の枠が他の技になる可能性があると思います。このパーティ全体に言えることなのですがAC低いですね。私がなかなか初代ポケを使わない原因ですね・・・

ドードリオ(NN しげおズ)にげあし 意地っ張りAS @カムラの実
133-178-91-72-77-152
ドリルくちばし 叩き落とす じたばた こらえる (4世代産)
 ドードリオについて調べたとき襷じたばたというのを見て、これならこらえるカムラorチイラじたばたを使いたいと思いまさかの4世代厳選をしました。 個体値はと4世代厳選で短期間厳選にしては良い出来だと思います。4世代のカモネギがブレバを覚えなかったせいでドリルくちばしを採用しています。

ナッシー(NN タルコンガ)収穫 臆病 @スターの実
202-100-106-145-86-116
ギガドレイン 守る 身代わり めざめるパワー(炎)
 当初は氷やら飛行やらに何とかする方を考えていたのですが、Sの低さのせいでやることが思いつかず、だったら収穫スターの実というネタでいいんじゃないという流れでこうなりました。図太いHBも案にあったのですがSが上がった際に何かするにはSに振った方が良いのかなと思い臆病HSとしました。たぶんというか確実に実践ではこれは成功しないと思います。何気にめざパ厳選した子でもあったりします。

カイロス(NN なおきち)怪力ばさみ 陽気 @カイロスナイト
141-177-120-63-90-150
おんがえし 地震 フェイント 剣の舞
 このパーティの柱であるエースなおきち。ギガインパクトの採用も考えたのですが汎用性を重視した結果不採用にしました。そう言う面でも私はこの勝負に負けましたね。唯一のメガ進化ポケで一番使いやすい子ですね。虫タイプって・・・

 このブログの読者ならコンセプトは言わなくても大丈夫ですよね。「ポケットモンスターエコハパ」です。むいさん用のパーティに困っているときに振ってきたこのパーティ案。残り1週間もないのにフル厳選を要求しているのに採用した結果。この試合はなおきちリーグの試合ではなくなりました。むいさんすいません。私自身この試合が素晴らしかったので間に合わなかったのが悔しいです。パーティ見せ愛の時には笑いましたね。大爆笑でした。
 BV放送ないしBVを見ている前提で話すのですが、まさかのパーティコンセプト丸被り。つまりメンバーは全く同じでした。しかし最後にのせてあるむいさんのパーティ構成を見るとわかるようにむいさんの方が再現度が上でした。最後のなおきちネオのギガインパクトで私は2重の意味での敗北を思い知らされました。NNセンスも素晴らしかったです。(むいさんが私は対戦時に必ず笑うといっていたのでこれはもしかしてかぶるかもと思っていましたが、まさか本当にそうなるとは・・・)
 このパーティはダグトリオ、カイロスの流れで何とかすることを目指したものです。むいさんも同じような流れを想定しているようですね。といってもメガ枠がカイロスしかいないことを踏まえるとこれは自然に行きつく形何でしょうね。ほかの4匹はこれのサポート。私はスカーフクインをサポート組の中心と位置づけ、ほかの子はネタに走りました。
 私のパーティの厳選の面倒さはドードリオがこらカムじたなので4世代厳選必須、ボルテッカーピカチュウという2体のせいで相当なものでした。しかもこの時に同時にひろしげさんとの対戦用のヘラクロスとボーマンダ、オノノクス厳選もしなければならなかったのです。結果合計9体の厳選育成をする必要が生じ、リアルの忙しさ、私の読みの甘さも加わってむいさん戦が10分間に合いませんでした。私が負けたため試合結果がリーグに影響をもらたすことはなかったのですがパーティ製出の時点でここまで楽しい試合をなおきちリーグの最終戦にできなかったのはやはり悔しいですね。最後に暗い話になってしまいましたね・・・
 このパーティを組もうと考えるとわかると思うのですが、この6匹相当ひどい組み合わせです。氷、ドラゴン、飛行あたりの一貫性がとんでもないです。私が負けた大きな原因はこの飛行タイプの一貫性でした(私は)氷の一貫性で攻めようとしましたが、一致の火力、選出順で劣っていました。よくこんなパーティで殿堂入りできたなとしか言えませんね・・・さすが初代AI・・・なのかな?
 むいさんのパーティメンバーについてはおそらく近いうちにむいさんのブロマガで公開されると思うのですが、この記事をブログに載せる時点ではまだ公開されていないため一応書いておきます。詳しい説明はむいさんがブロマガを更新したらそちらの方を見に行ってください。

むいさんのパーティは

ピカチュウ(NN.メガエコハ)避雷針@電気玉
HACS 無邪気AS 猫だまし・叩き・ボルチェン・ボルテッカー

ニドクイン(NN.アオオォー!)力尽く@チョッキ
HBCDS 控えめHC 大地・ヘドウェ・大文字・吹雪

ドードリオ(NN.しげガールズ)早起き@スカーフ
HABDS いじっぱAS おいうち・叩き・じたばた・ブレバ

ダグトリオ(NN.Nonぼっち)蟻地獄@タスキ
HABDS 陽気AS ステロ・土産・岩封・地震

ナッシー(NN.タル★コンガ)葉緑素@ヤチェ
HBCDS 控えめHC 宿り木・眠り粉・リフスト・サイキネ

カイロス★(NN.なおきちネオ)型破り@カイロスナイト
HABS 陽気AS フェイント・地震・インファ・ギガインパクト

でした。素晴らしいNNセンス、型、そしてたまたま出てきた色違いカイロス。完敗でした。詳しくはむいさんのブロマガを見てください。

現在進めているクリスタルですが、このパーティ以上にひどいのでむいさんはパーティを作らないと考えているみたいですね。私もよほどのことがない限り作らないと思います。
 この試合を除いて私のなおきちリーグの結果は4勝3敗。運や相手のプレイングのおかげで勝てた試合が多かったのでもう少し対戦経験を積んでしっかりと試合できるようになりたいです。次に私が参加させていただくミラクルなおきち杯(仮称)では見ていて楽しい、自分も楽しい試合をできるようになりたいです。

 大会関連で対戦していただいた皆様ありがとうございました。今後も機会があれば対戦しましょう。優勝されたともっちおめでとうございます。

 私が開催を計画している大会として禁止伝説、幻使用可能大会があります。現時点では11月中旬の開催をめざし、ルールはシングル、手持ちの6体中1匹のみ禁止伝説か幻を加えられる(フィオネは通常ポケモンにカウントします)、といったところです。
 リーグを予定をしているのですが、どのようなルールにするのか、禁止伝説、幻に対する制約はこれでいいのか、といった点で悩んでいます。今後私の枠でその辺について議論したいのでその際は参加不参加に関わらずご意見をお願いします。参加希望者は今のうちに伝説厳選を行うことを勧めます。ぜひ参加をご検討ください。
 
 では、バイニャラニャライバー。

オノノクスでオノノクスを何とかしたいと思ったら

 パーティ紹介第6弾。なおきちリーグ第7戦目ヒロシゲさんとの対戦で使用したパーティを紹介します。6戦目から1週間以上空いていたのですが、私のリアルの予定のせいでほとんど厳選の時間がなく結果として当日に9体のポケモンを育成することになりました。
 今回は大会統一コンセプトのみを採用し、オノノクスをスタートとしてパーティを組みました。
 時間的な余裕がなかったためパーティのメモをしていないので確証はありませんがヒロシゲさんのパーティはゲンガー、アバゴーラ、ムクホーク、ライチュウ、ポリゴン2、リザードンだと思います。詳しくはヒロシゲさんのブログを見てください。私との対戦でのパーティは3,4戦目のものです。
vsヒロシゲさん
プテラ(NN ラフレシア)緊張感 陽気AS @パワフルハーブ
156-157-85-72-95-200
ストーンエッジ 地震 ゴッドバード 追い風
 追い風始動要員。といってもこの子自身も戦えるようにしたため大会の試合では追い風をできずこの試合がこちら不利になってしまいました。この子は5世代で育成した子で、厳選育成の手間を削減しようとした結果です。
 私としてはやはり火力が足らないなあという印象ですね。ただSを削りたくないので陽気としました。ゴッドバードを採用しているのに10%怯みを知らなかったです・・・あの瞬間は私も驚きました・・・
 パーティを工夫するとATとしての選出、追い風要因としての選出の2つを切り替えて使えるようになるのではないかと思っています。

ヘラクロス(NN トング)自信過剰 意地っ張りA特化S調製残りH @ヘラクロスナイト
180-194-95-49-115-113
ミサイル針 インファイト ロックブラスト 種マシンガン
 プテラの追い風から攻撃するAT。追い風下で最速135属抜きまでSを振っています。こういうパーティを考えるときSに252まで振る傾向にあるときととぎりぎりのラインまでしか降らない傾向にあるときがあります。この大会ではぎりぎりしか降らない傾向の子が多いです。ぎりぎりの場合スカーフATに弱くなるが耐久が確保でき、252振りならその逆。中間にすると微妙になるような気がするのでこのような振り方をしています。

ボーマンダ(NN いそべやき)威嚇 臆病CS @ボーマンダナイト
171-126-100-162-100-167
ハイパーボイス ハイドロポンプ 大文字 竜の波動
 ヘラクロスが出しにくい場合のAT。パーティがほとんど固まった時に採用したため特殊ATとしました。厳選の手間を削減するためにともっちから親個体をいただいて厳選しました。ありがとうございました。NNは以前いただいたボーマンダのNNがごへいもちだったからなんとなく思いついたそういう系統のNNにしました。ほとんど使用していないため今後技、使い方を研究したいです

ポリゴンZ(NN 3Dプリント)適応力 控え目C特化S調製残りH @拘りスカーフ
183-84-90-205-95-120
騒ぐ シャドーボール 破壊光線 冷凍ビーム
 毎度のポリゴン枠。ヘラの残したポケモンを倒すためスカーフ型を採用しました。ただこの子を最後に持ってきたためヒロシゲさんのあの子がつらかったのですが・・・その辺も意識したほうが良いかもしれませんね。大会用に育成し、ここまで3試合に出場したおそらく最多出場の子。HS調整の難しさを思い知らされましたね。スカーフの強さ、弱点を実感しました。

オノノクス(NN とぎたて)型破り 陽気AS @気合の襷
151-199-110-68-91-163
逆鱗 地震 挑発 竜の舞
 ヒロシゲさんといえばと考えたときに思い浮かんだポケモン。当初はこの子が中心だったはずなのですが結局メガ進化に中心を取られました。フェアリータイプのせいで逆鱗が打ちづらくなりましたがやはりこの子が逆鱗を手放すのは難しいのではないかと思います。私が火力厨であるせいなのでしょうかね・・・

ニンフィア(NN うさみみ)フェアリースキン 控え目HC @拘り眼鏡
202-76-85-178-150-81
破壊光線 ハイパーボイス サイコショック シャドーボール
 後処理または初手で相手を崩すことを狙って6世代から採用した子。はい。オノノ意識で入れています。基本的には選出しないつもりだったということもあり流用した子です。当初はめざ地当たりの子を厳選しようと思っていたのですが時間がなかったため諦めました。

 前回の犬速リーグで私が最後に戦い、敗れた相手、ヒロシゲさんとの対戦ということでかなり勝ちたいと思っていました。そのためたぶん一番強いパーティなのではないかと思います。プテラの追い風からのメガヘラ押しを狙ったパーティです。実際の対戦ではメガゲンとの同速対決で相手に先手をとられ追い風を残せず退場し苦戦することになりました。(最後まで相手が有利だったんですよね)ゲンガーの火力を侮っていました。やはり追い風の方を重視して先に追い風を打った方が良かったのではないかと思っています。ポリ乙、オノノクス、ニンフィアはヘラ補助。メガマンダは出しにくいときのメガ進化ポケという位置づけだったはずです。前回の大会で敗れたときにはオノノクスにぼこられたためそこそこオノノクスを意識しつつオノノクス入りパーティという感じになりました。ただ私のプレイングがダメだったため終始ヒロシゲさんペースの対戦になってしまいました。追い風の使い方にもっと慣れたほうが良いのだろうと思います。もっと対戦経験を積まなければならないと実感しました。
一通り見返すと今大会の私のパーティメガ2枠が多いですね。
 なおきちリーグの対戦で使用したパーティの紹介は以上になります。本当はなおきちリーグの試合で使用したかったのですが時間が10分ほど間に合わずなおきちリーグの試合とならなかった対戦のパーティがあるので明日はそのパーティ紹介をします。おそらくこのリーグで1番ネタとして面白い試合だったのではないでしょうか?リーグの試合とみなしてよいのか私は確証がありませんですが・・・

それではバイニャラニャライバー。

ゴクリンピック(´ε`ω)

 一応内容が異なるので別記事としました。
 クリスタルチャレンジの時にゴクリンピックを開催していました。これはnoteさんがゴクリンピックの語呂が良いことから名前ができ内容をnoteさんがルールを決めたものを勝手に私が実施したものです。
 ルールは
野生のゴクリンをRSE、HGSS、XYで捕獲。
RSE,HGSS産の場合はモンスターボール以外で捕獲
XYはなんでもOK
一番合計個体値の高い(高そうな)ゴクリンを私に送る。その中で1番高いゴクリンを送った人が優勝。
です。ORASがないのはサーチによって高個体値のゴクリンを比較的簡単に捕まえられるためです。XYでもポケトレで高個体値のゴクリンを入手できるのですが、草むらが狭いため難しいだろうとnoteさんが判断したため今回はXYのみ可能としました。そのため比較的参加しやすい大会になったのではないでしょうか?
 参加者は6人それぞれのゴクリンの個体値は以下のようなものでした。
ともっち 8-31-30-3-25-22 NN6V
noteさん30-22~23-18~19-30-21-26  
カイさん[8~9]-[4~5]-[20~21]-12-1-17
みだれさん[18~19]-[8~9]-[10~11]-15-14-22 色違い NNアオ
アクオンさん[2~3]-[16~17]-4-29-13-28 
なおきち[16~17]-27-25-0-7-8 NN Vやねん マスボ 岩雪崩を2回回避した子らしい
 順位は1位noteさん2位ともっち3位アクオンさん4位みだれさん5位なおきち6位カイさんでした。
 6人の方は参加していただきありがとうございました。クリスタルと同時にしていたこともあり1位には太陽の石、2位には変わらずの石、3位にはオボンの実を賞品としました。
 今後も面白そうな企画があればやっていこうと思うのでぜひご参加ください。また面白そうな企画が思いついた方は是非教えてください。

では、バイニャラニャライバー。

クリスタルトライアル

 昨日はニコ生で忙しかったのでなおきちリーグの記事更新ができませんでした。今回はそのニコ生に関する記事です。
 エコハ放送の後のポケモン生放送としてクリスタルを使用と思っていたのですが、私の手元には電池切れのレポート不能なカセットしかありませんでした。そのためどうしようかと思っていたのですが、とある方からぶっ通し枠ならできるのでは?と提案され、クリアまで続ける枠をすることにしました。しかしクリスタルバージョンは殿堂入り後に一度リセットされるのでこのままではカントー編からレッドまでをできません。そのため結局電池交換をしての生放送となりました。
 ゲームを始めるにあたり決めていたのは主人公名は「わがしや」、最初に選ぶのはチコリータでNNが「だいふく」ということだけでした。これはポケダンでの主人公がチコリータだったことに起因しています。細かい内容はTSを確認していただければわかると思いますので割愛します。前日の睡眠時間が短かったため土曜日の21時44分に始めたのですがあまりに眠くなったため6時に少し睡眠休憩をもらい10時に再開しました。総枠数34枠(1枠だけ延長したので実際には35枠分)プレイ時間17時間12分でした。かなりの無駄(1時間以上のノコッチさがしとか)があったのでこんなにかかってしまいました。長々放送していたのですが常にコメントされる方がいて、凸していただいた方もいたためかなり放送しやすかったです。放送に来ていただいた方、コメントしてくださった方、凸していだたいたあのーさんありがとうございました。
 殿堂入り時のパーティは
メガニウムLv41(NNだいふく)
葉っぱカッター、のしかかり、光合成、地震
 ウツギ博士にもらった御三家。2世代、HGSSはこの子でのストーリークリアが一番やりにくい(草とノーマル意外にほとんど技を覚えないため鋼タイプ、ゴース系統がつらい)ことは自分の体験でわかっていたのですが、ポケダン放送で主人公がチコリータだったので採用しました。一致が葉っぱカッターまでなので火力が足らなかったのですが耐久力があったので実は結構頼りにしていました。最終的にはわらび餅にレベルで負け、看板商品がわらび餅といわれてしまいました・・・カントー編では看板商品の座を奪還できるのか?

ニョロゾLv42(NNわらびもち)
波乗り、催眠術、冷凍パンチ、のしかかり
 波乗り要因がいると思い、手持ち2匹目となった子。冷凍パンチ、波乗りを搭載したためエースっぽいポジションにいました。しかし火力が悲しいものでした・・・急所に当ててもカイリューを落とせない冷凍パンチってなんなんでしょうかね・・・ただこの子の中で一番強いのは催眠術でした。眠りは強い。ただ、カイロス捕獲戦で7発はずして野生のカイロスにやられて虫とり大会リタイアになりそうになったことは忘れません。カントー編では他の子の技も強化されるのでどうなるのか?

カイロスLv37(NNもげきち)
頭突き、地獄車、鋏ギロチン、怪力
 前作から引き続き採用された子。虫ポケモンとして今回もストライクかカイロスを採用しようと考えており、虫とり大会で先に出たほうを採用しようと考えていたらカイロスが先に出ました。やはり私はカイロスと縁があるのではないかなと思います。今作でもろくな技がなく、虫技は連続切りのみ・・・今回もゴーストタイプになすすべがないんですよね・・・頭突きでひるませて倒すということを最も実行していたはず。そしてアジトでしょっちゅう爆発されて落ちていた気がします・・・たぶんパーティで一番のネタ要員。さすがみんなのアイドル。

ノコッチLv3(NNジガルデ)
怒り
 ジガルデがほしかったので捕まえた子。当初大量発生なしで捕まえようとしたのですが出現率1%は伊達じゃない。1時間以上粘っても出ませんでした。そのためツトムの電話番号を登録し待つことにしたらエンジュで連絡があり1匹捕まえたのがこの子。ジョウト編ではマスコットキャラ(だったはず)対戦に出たのは2回でどちらも壁要因・・・

ネイティオLv37(NNトゥもっち)
 空を飛ぶ要因を探していていきついた子。ネイティを捕まえたところで飛行統一を使っている方からコメント・・・ネイティは空を飛べない。途中であきらめカモネギを捕まえたのですが、学習装置が手に入ったため結局学習装置でネイティオに進化させました。その後タンバジムで活躍したためパーティのメイン入り。パーティになかなか入らなかったのは自力でろくな技を覚えないからです。サイコキネシスがネイティで50、ネイティオで65レベルってどういうことなんですかね・・・
 カントー編ではおそらくサイコキネシスを覚えるのでより活躍するのではないかなと思っています。

ガーディLv36(NNうつくしい)
 鋼タイプが重かったのでその対策として採用した子。能力が総合的に低いのでジョウト編ではほとんど活躍できませんでした・・・そろそろ進化させようと考えているのでカントー編ではきっと活躍するはずです。炎の石はあるのでいつでも進化できるんですが、こういうのを戸惑うのが私なんですよね・・・
でした。
 最後まで急所などネタが多くて大変でした。特にカイロスがここでもネタ要員として大活躍でしたね(爆発されたり急所に当たったり・・・)ただこの放送で一番言っていたのは「ひるみ強い」という感じのことだったと思います。大体頭突きのせいですね。怯みは強い。特にもげきち・・カイロスの頭突き。
 今後はジガルデのレベリングをして40近くまで上げたのちにカントー編をちまちま放送していこうと思います。このままいくとレッドにぼこぼこにされる気がします。でも楽しくやっていこうと思っているので今後もよろしくお願いします。

おそらくこの後ゴクリンピックの記事を書くと思います。
では、バイニャラニャライバー。
 

爆ぜ・・・

 パーティ紹介第5弾。おかげで今月の記事数が久しぶりに2ケタ行けるのではないかと思っています。今日は私の第6戦目、なおきち戦で使用したパーティの紹介です。今回は大会統一コンセプトに加えて2つのコンセプトを採用しています。そのうち一方のコンセプトが少しやりすぎかなと思っていたので対戦前からなおきちに謝罪していました・・・
 追加コンセプトは大爆発搭載霊獣ランドロスを使用すること、NNで「いぇーい。なおきちみてるぅ~?」コンボを達成することの2つです。なおきちのNNなおきちのランドロスの大爆発禁止令によりランドの先発が確定。そこから大会統一コンセプトを守りつつ順番が決まっててもある程度何とかなるパーティを目指したらこうなりました。先発NN「いぇーい。」はランドロス、二番手の「なおきち」はゲンガー、ハッサム、キノガッサ、ラスト「見てるぅ~?」はポリ乙とファイアロー。このパーティ紹介では現在のNNを記載しています。
 なおきちのパーティはペンドラー、ハッサム、カイロス、ウルガモス、フォレトス、バルビートでした。詳しくはなおきちのブロマガを見てください。
vsなおきち
ゲンガー(NN よいえがお)浮遊 臆病CS @ゲンガナイト
136-76-80-182-95-178
シャドーボール ヘドロ爆弾 マジカルシャイン 道連れ
 メガ進化枠2。後述する理由で急遽採用された子。汎用性の高さからこの子が選ばれました。ハウス用の襷ゲンガーからそのままパーティに入ったため、かなり浮いている存在ではないでしょうか?3つのコンセプト(実質2つ)を同時に採用することのむずかしさを実感させられた初代枠でした。ランドロスがいるためカイリューやメガカイロスといった氷弱点勢を採用できないのがつらかったです。

ハッサム(NN あたまが3つ)テクニシャン 意地っ張りHA @ハッサムナイト
177-200-121-65-100-85
バレットパンチ 燕返し 虫食い 剣の舞
 メガ進化枠1。構想初期からパーティに入っていた子。メガ枠が2体目か3体目か決まっていないころから考察していたので型がコロコロ変わっていました。最終的には2体目の中心をこの子が担うことになりました。基本はランド、ハッサム、ポリ乙の選出を想定しており、実際なおきちとの対戦でもそうなりました。ハッサムの技は毎度悩むのですが、今回もバレットパンチ、燕返し、剣の舞+虫食いとこの子の当初の型(バレパン、燕、剣舞、羽休め)からそんなに変わらないものとなりました。(お気づきの方が大半だと思いますがこの子はあのーさん戦で使用(流用)した子と同一個体です)今回はある程度虫統一を意識したということもありますが私としてはバレパン、燕の2つの技はかなり使いやすいと思います。このままでは鋼が重いので馬鹿力なり泥棒なりを入れるのが良いのかなあと最近では思っています。

キノガッサ(NN しょくぶつ?)ポイズンヒール 陽気HS @毒毒玉
167-151-100-66-80-134
グロウパンチ 身代わり 岩石封じ キノコの胞子
 ニドキング(当初案)、ハッサム、ポリ乙、ランドロス、アローまで決まってパーティを見てみると水タイプがやばいことになっていたので3世代からは水タイプに強めの子をチョイスすることとなり、選ばれたのはこの子でした。この型が水タイプに強いとは思えませんが使ってみたかったため採用しました。厳選数を減らすため育成待ち個体がいたというのもこの子が採用された理由だったりします。グロパンの枠は草技、守るなどに変えたほうが良いのか今でも悩んでいます。まだ使いこなせていないのですが、はまればやはり楽しい型ですね。

ポリゴンZ(3Dプリント)適応力 控え目C特化S調整残りH @拘りスカーフ
183-84-90-205-95-120
騒ぐ シャドーボール 破壊光線 冷凍ビーム
 毎度のポリゴン枠。ランドロスと2体目枠がかなり仕事をしてくれているはずなのでとりあえず1匹は持って行ける型ということでHCベースのこの子を採用しました。この子はアズラ工ノレさん用のパーティで使用した子の技をスカーフ仕様にしたものです。そこそこの素早さと耐久そして素晴らしい火力やっぱりポリ乙って良いですねぇ。みだれさんのように私もいろんなポリ乙の型を考えていきたいなあとこの子を使ってみて改めて思いました。当初は2体目での採用も考えていたのですが、メガ枠を2体目に集中させた方が選出の幅を持たせやすくなること、ハッサムからつながる特殊ATが他に思い当たらなかったという2点から現在の位置づけになりました。

霊獣ランドロス(NN うきあしだつ)威嚇 陽気AS @気合の襷
164-197-109-112-100-157
地震 岩雪崩 地ならし 大爆破
 このパーティの最重要ポケ。そしてこのパーティで一番厳選が面倒だった子です。厳選にかかった期間は2日。陽気U-V-27-V-V-Vの個体が出たので採用しました。チョッキ型も考えましたが大爆発を成功させやすくするために襷にしました。(後述しますがあほみたいな勘違いをしていたのも襷になった一因です・・・)基本は地震、岩雪崩、相手によっては地ならしでS下げという感じを想定していました。そして最後は大爆発!・・・したかったなあ・・・。単純な大爆発の火力では全ポケモン中3位らいいです。そのためSの上がる陽気としました。対戦後に地ならしは岩石封じでも良いのでは?といわれ岩石封じの存在を思い出しました。火力、命中を重視するなら地ならし、確実にSを下げたいなら地ならしなのでしょうね。今後どうなるのかは不明です。

ファイアロー(NN ファイアー)颯の翼 意地っ張りHA @青空プレート
185-146-92-81-89-146
ブレイブバード フレアドライブ 羽休め 鬼火
 3体目に求められるのが後処理でその役割にふさわしいのはと考えたときに真っ先に思い浮かんだ子です。ただランド、ハッサムと物理ATが連なるため選出機会はほとんどないだろうと思っています。この子も流用。意地っ張りAS型の方が良いのかなあなどと考えましたが、私の負担軽減を考慮しこうなりました。結果としてこの負担軽減により4世代厳選の時間が捻出できたはずです。

 細かいものを含めて4つのコンセプトでかなり縛られているパーティでした。コンセプトの縛りに加え虫統一を少しだけ意識しつつ汎用性のあるパーティを組むということが難しかったです。結果としては特に選出順縛りが厳しく、たとえ苦手であっても順番は変えられないため汎用性の高い子を詰め込むことになり、大会1,2を争うガチパになったのではないでしょうか?そのせいか対戦の流れのせいかハッサムで試合終了しそうになったので最後はあのようなプレイングになってしまいました・・・もちろん汎用性があり、選出縛りを設けてもフリーでかなりの勝率を出すことができています。
 厳選はランドロスのみ、育成はランドロスとキノガッサのみだったので比較的楽でした。
 当初案ではどういうわけかランドロスが追い風を覚えると思いこんでおり初代枠は追い風前提のニドキングでした。しかし育成の時になってようやく覚えないという当然の事実に気づき、急遽ゲンガーに変更したという経緯があります。(その時もっていたニドキングのNN変更ができないという理由もありました)そのため2体目の枠が中速勢となっているのです。

 noteさんとなおきちの2人のパーティは今大会で一番試運転までしっかりできたものでした。ここから残り2パーティはリアルの忙しさ、パーティ確定の遅れのためあのような形になってしまいました。次回はそのうちの1つヒロシゲさんのとの対戦で使用したパーティを紹介します。

では、バイニャラニャライバー。

NNがすべて小数で一番厳選が厄介だった対(´ε`ω)パーティ

 今回は第5戦、noteさんとの対戦で使用したパーティの紹介記事です。(大会が終わってから凛緒リンカーネイションやり始めてメタモン乱獲くらいしかポケモンしていない・・・)
 今回もコンセプトパーティなので大会統一コンセプトは無視しております。NNはコンセプトに沿ったものを対戦時には使用していたのですが、微妙なNNだったので対戦後に変えており今回の記事では変更後のNNを記載しています。一体コンセプトが何なのか記事を読みながら予想してみてはどうでしょうか(この記事を読んでいる人大半がコンセプト知っていると思いますが・・・)? 技構成があれなのはお察しください。ゼクロムやらドサイがやられたのが結構こたえていたんです・・・
noteさんのパーティはゴースト、ゴルバット、スカンプー、タマゲタケ、グレッグル、ベトベターでした。
 
vs noteさん
オオスバメ(NN 787けい)根性 陽気AS @火炎玉
135-137-80-63-71-194
空元気 ブレイブバード 燕返し 電光石火
 よくある火炎玉根性空元気型。燕返しは別の技にした方が良いと思います。とりあえずは追い風を候補に考えています。ちなみに燕返しを入れた理由は小さくなったり影分身詰まれたとき対策です。

エレキブル(NN ふみきり)電気エンジン 陽気AS @ラムの実
151-175-87-97-105-161
ワイルドボルト 地震 フェイント 挑発
 ラム持って挑発ってねえ・・・冷パンなりを搭載し襷をもたせるべきなんじゃないかなって思っています。ただそうするとワイルドボルトとの相性が悪いんですよね・・・考察のしがいがありそうな子です。パーティに合わせて考えば活躍できそうですね。当初案ではこの枠はライコウにはずでしたが厳選のハードルが高かったのでエレキブルになりました。

ホルード(NN こころピョン)力持ち 意地っ張りAS @オボンの実
161-118-97-63-97-130
地震 空元気 叩き落とす 電光石火
 特性のおかげで素晴らしい火力を出せる子。他にはマリルリとかミミロップもありでしたが(マリルリは記事を書いていて気が付きました)火力とメガ進化など(対戦相手)を考えてこの子になりました。珠なんかもありなんじゃないかなって思います。

スターミー(NN ウルトラマン)自然回復 @ゴツゴツメット
167-81-105-121-105-183
サイコキネシス 熱湯 ミラータイプ 自己再生
 このパーティで一番変な型。こんな型になったのは相手の意表を突くためだけです。エスパーだから普通に使うのも面白くない(対策されている)と考え、ミラータイプで遊ぼうと考えました。持ち物は他に思いつかないので適当に採用。普通にこのパーティを使うなら普通の特殊ATで運用するのが良いと思います。ただでさえ特殊ATが不足していますし・・・

ギャラドス(色違い)(NN カープ)威嚇 意地っ張りAS @ギャラドスナイト
171-194-100-72-120-124
滝登り 地震 挑発 竜の舞
 このパーティで一番厳選に時間がかかった子。コンセプトのためには色違いが必須だった(そうじゃないとコイキング使う羽目になると思います)ため色違い厳選していました。大体700匹ほど孵化してようやく手に入れました(ちなみに通常色採用個体は厳選開始2体目で手に入っていました・・・)個体値はHABCDV,S14でした。普通の竜舞型です。noteさんが対戦相手ということで絶対選出できるようにパーティは組まれています。色コイキングが出た翌日にメガトウキョーで色ギャラを受け取っております。(記事にもなったあの日です)通常ポケの配達員厳選はさすがに難易度が高すぎるのでやっていません。

チルタリス(NN ほしたふとん)自然回復 控え目HC @食べ残し
151-81-110-134-125-132
竜の波動 黒い霧 身代わり 追い風
コンセプトのためパーティに入れましたが流用を考慮しかつパーティの特殊AT不足を解消しようとしたため、メガチルとして使用できるような子になりました。ただメガギャラ絶対選出、相手がおそらく毒統一であったためこんなよくわからない型になりました。一応追い風サポをできるようにしましたが選出はほとんど考慮しておりません。普通に使うならメガチルで使用するのが良いと思います。メガチルじゃないとドラゴンタイプの一貫性が相当やばいですので・・・

コンセプトは「セリーグ」です。このために色コイキング厳選をすることになりました。実際の対戦時にはその日での各チームの勝率をNNにしていました。チーム名をNNにしたらわかりやすすぎるかなと思ってのNNでしたがわかりにくくなりすぎたようでした。ちなみに私は野球にそれほど興味はありません。ある程度毒統一を意識しているため実際にフリーなんかで使おうと思うと改良すべきです。今後の個別使用も考えて、ぼちぼち技を変更していこうと思っています。
 次回は大会責任者のなおきちとの対戦で使用したパーティです。
 それでは、バイニャラニャライバー。

準決勝の二人に負けたけど多くのことを学んだパーティ

今日は私の3,4戦目で使用したパーティの紹介をします。とある事情で2戦続けて同じパーティを使用しました。理由は後述します。
今回はコンセプトパーティにしたため大会統一コンセプトは採用していません。パーティコンセプトは「エコーボイス」です。
 ともっちのパーティがフシギバナ、バクフーン、バシャーモ、エンペルト、ジャローダ、ブリガロンでした。御三家統一(もう一つコンセプトが入っています)細かいことはともっちの記事を見に行ってください。(同じコンセプトを採用すると私の場合さらにタイプ統一とかいう縛りが加わるんですよね・・・)
 みだれさんのパーティはライチュウ、ベトベトン、ギャラドス、ハガネール、グレイシア、ジャローダでした。それでは以下パーティメンバーの紹介です。

vsともっち、vsみだれさん
バシャーモ(NNぎゃくVヘア)加速 陽気AS @バシャーモナイト
156-172-90-108-90-145
フレアドライブ とび膝蹴り ストーンエッジ 守る
 エコーボイスで削ったあとの後処理担当。当初はエコーボイスを搭載する予定でしたが色々考えた結果この子がエコーボイスをするのはもったいないということになり今の型になりました。そのためメガバシャーモとしましたがわりとサーナイトとの同時選出もあるので別の持ち物もありかと思います。当初意地っ張りASのつもりでSも振ったのですが、なぜかここからAの努力値振りに移るタイミングで陽気の子のこと入れかわり今に至ります。意地っ張りのこと入れ替わったことに気が付いたのがレベリング終了後であったため諦めました。

サーナイト(NN こんぽうざい)トレース 臆病CS @サーナイトナイト
144-74-85-177-135-145
エコーボイス 10万ボルト サイコキネシス 破壊光線
 メインエコーボイス要因。このパーティの想定している基本の流れはあとで触れるのでそこを参考にしてください。アズラ工ノレさんために厳選した子を流用しました。

ゲッコウガ(NN しのばない)変幻自在 臆病CS @命の球
148-92-87-155-91-191
ハイドロポンプ 悪の波動 冷凍ビーム エコーボイス
 エコーボイススタータもメインエコーボイス要因も兼ねられる子です。初めてのゲッコウガです。ほかの技は割といい加減に決めたのでパーティに合わせて調整したいですね。両刀などいろんなバリエーションがある子なのでこれからも厳選育成していきたいです。

ギルガルド(NN なまくら)バトルスイッチ 勇敢HA @ラムの実
167-112-170-63-171-58
影うち アイアンヘッド 聖なるつるぎ キングシールド
 エコーボイス後の後処理用の子。ギルガルドも初めて厳選しました。最遅ねらいかCV狙いか悩んでHABCDVを採用しました。結果として特殊技がなかったので最遅で良かったかなあと。この子もいろんな型があるので今後も厳選育成をしていきたいです。パーティで唯一エコーボイスを覚えない子だったりします。同じ役割のバシャーモがエコーボイス要因からパーティに加わった能登は違いこの子は後処理用に加わったためです。

アマルルガ(NN ブロント)フリーズスキン 臆病CS @拘りスカーフ
199-87-92-151-112-121
破壊光線 エコーボイス フリーズドライ 原始の力
 エコーボイススターター寄りのメインエコーボイス要因。今では原子の力を大地の力に変えています。スカーフでエコーボイスを始めることも上から高火力の氷タイプエコーボイスを叩き込むこともできます。しかしわかっていたことなのですが弱点が多くてつらいです。スカーフなのでエコーボイス以外の技は何でもいい気がします。

オンバーン(NN ロトム(対戦時は「さらが2まい」))お見通し 臆病CS @気合の襷
161-72-100-149-100-192
竜の波動 エアスラッシュ エコーボイス 身代わり
 エコーボイススターター専門。エコーボイスを使える子の中では最速(だったはず)です。今では身代わりを火炎放射に変えています。火力はないですがSが高く御見通しなので使いやすい子だと思いました。ほかのパーティにも加えてみたいですね。

 まずはエコーボイスの説明をします。ノーマル技、命中100%PP15威力40です。特殊効果として毎ターン誰かが技を使用すれば(当たらなくても無効化されても技を使用していればOK)威力がターン数×40となります。ただし最大威力200で6ターン目以降も威力200となります。
 2ターン目でトライアタックと同じ火力3ターン目以降は気合玉以上の火力となるため、かなり強い技ではないだろうかと考えこのパーティを作成しました。1,2ターン目の低い威力が問題なのでここを切り抜けるためのスターター、3ターン目以降の高火力を叩き込むメイン要因、後処理要因で選出するパーティにすることを考え、エコーボイスを覚えるポケモンから選定を始めました。スターターはエコーボイスを打ってから退場(退場ターンにエコーボイスを打てないのが最悪のパターン)できるようになるべくSが高い子を選ぶことになります。ここでゲッコウガ、バシャーモ、オンバーンが選ばれました。次にメイン要因としてタイプ一致ないしスキンで打てるCが高い子を選定しました。ここで残ったのがアマルルガ、メガサーナイト、ニンフィアでした。(しばらくゲッコウガがタイプ一致で打てることを忘れていました。)ここから今のパーティで使う5体を選び出し、鋼タイプを重視しつつ大体のポケモンを倒せる非メガ進化ポケモンとしてギルガルドが選出されました。結果としてスターターはオンバーンを基本にアマルルガ、ゲッコウガが担当、メイン要因はメガサーナイトを基本にゲッコウガ、アマルルガが担当することになりました。
 メインATが打てるエコーボイスがノーマル、氷、フェアリータイプであるためどう考えても鋼に重くなります。ついで炎あたりも結構厳しいですね。実際ともっち戦ではエンペルト1匹にパーティを壊滅させられました。
 今回のパーティを使用した大会での対戦はただ試運転不足、エコーボイスに固執しすぎたため対戦内容はひどかったです。ともっちはコンセプトを重視したためなすすべがなかったです。炎やらメガバナやらエンペやらとエコボの敵ばかりでした・・・みだれさんもエコボを押しすぎたがゆえにプレミがありました。大会のために作ったパーティなのでコンセプトを押し通すべきなのか諦めるべきなのか未だにどっちがいいのかわからないでいます。当初みだれさんには別のパーティ(全く考察していませんが)を使う予定だったのですがともっちになすすべがなく倒されたため、このパーティが完全に間違っているのかどうかを確かめるために同じパーティで挑みました。冷静さを欠いたプレイで負けてしまいましたが、そのおかげで多くのことを学ぶことができました。このパーティで戦った2戦が私の意識の持ちようを大きく変化させたように思えます。
 さて最後にエコーボイスをもう少し実際の対戦で動かしやすくするにはどうしたらいいのか私なりの考えを述べていきます。
 有利なスターターをメイン要因を1匹ずづに絞りこの2匹がある程度普通に戦えるようにすることだと思います。そう言う流れだとやはりオンバーンとメガサーナイトが良いのではないかと思います。どちらも汎用性が高いのでありじゃないかと思っています。オンバーンをゲッコウガに変えても良いと思っています最大威力200を連発できるのはやはり魅力的なので今後研究していきたいと思っています。

 さて日が変わって2時間30分以上過ぎてからの投稿になりましたが、どうだったでしょうか?私としてはこの大会で一番考えさせられたパーティがこれでした。コンセプトを通すことのむずかしさ、大会という難しい状況、対戦を楽しむために必要なこととはなどなど。次はnoteさんとの対戦で使用したあのパーティです。厳選が一番厄介だったあれです。

それでは、バイニャラニャライバー。

あとから見返すと穴だらけだったパーティ

 今回は私の2戦目であるあのーさんとの対戦で使用したパーティ紹介です。大会統一コンセプトのみの採用したひねりのないパーティです。時間がたっているため採用理由があいまいになっている子が多く、推測が多くなっています。ご了承ください。そして。ただの反省記事になってしまいました。読む方はそれを理解したうえで読んでください。
 あのーさんのパーティはゾロアーク、ヘラクロス、ゲンガー、パルシェン、ジバコイル、オノノクスでした。

vsあのーさん

パルシェン(NN ほうだい)スキルリンク 陽気AS @拘りスカーフ
125-147-200-86-66-134
氷柱針 ロックブラスト シェルブレード 大爆発
メガ進化ポケモンのサポートとして採用された子。火力は低いがスカーフによる奇襲を狙っていました。殻を破るを使う型以上に苦手なポケモンが多いのですが、氷柱針、ロックブラストで抜群を撮れるポケモンを相手にする場合はかなり心強いです。

ハッサム(NNあたまは3つ)テクニシャン 意地っ張りHA @ハッサムナイト
177-200-121-65-100-85
バレットパンチ 燕返し 泥棒 剣の舞
メガ枠その1。このパーティを考えるときの最初期に候補に挙がり、この子とポリゴンZを中心にパーティが考えられました。ただメガライボルトを採用した時点でメガストーンでなく普通のアイテムにした方がよりパーティを回しやすくなったのかもしれません。

ライボルト(NNうすがた)静電気 臆病CS @ライボルトナイト
146-78-80-157-80-172
10万ボルト オーバーヒート めざめるパワー(氷)ボルトチェンジ
水タイプ対策が薄いと気が付いて入ったメガ枠その2。もちろん水地面に対してはなすすべないのですが(ランターンとか知らないです)、水地面は等倍で何とか押し通す方針にしました。避雷針がほしかったのですが時間がなく、今後のことを考えるとBPを使ってまで変えるものでもないと思ったので静電気です・・・そのうち変えると思います。

ポリゴンZ(NNワイヤレス)適応力 臆病CS @気合の襷
161-78-90-187-95-156
トライアタック 破壊光線 シャドーボール チャージビーム
襷を持たせることで相手によって積むことを狙うか1残して破壊光線をぶっ放すかを選択できるようになるのではないかということを考え採用した子です。いつも通り最後に型が決まった子です。襷ポリ乙はまだまだ模索中・・・

ガマゲロゲ(NNボタンだらけ)貯水 控え目C特化S調製残りH @オボンの実
熱湯 大地の力 凍える風 胃液
面倒なことを防ぎたいという要求の中で採用された子。そのため胃液という技を採用しています。ただ胃液を打つ機会が予想通りなかったので変えたほうが良いのかもしれませんね。

ヌメルゴン(NN ツインテール)ぬめぬめ 控え目HC @ハバンの実
197-102-91-178-170-100
竜の波動 大文字 ヘドロウェーブ 濁流
ハッサムの苦手な炎対策として採用された子です。以前から(特にアニポケに登場してから)厳選育成したいポケモンではあったのですが、Dの高さゆえに型が思いつかず手を出していませんでした。今回はアタッカー型としました。フェアリーより物理竜の方が対応しにくいのではないかと考えハバンの実を持たせています。物理竜なら大体パルシェンで何とかなることを考えると案にあったチョッキの方が良いのかもしれません。結果論ではありますがこの対戦ではチョッキの方が良かったです。結果論ですが・・・

 色々考えた結果できたパーティのはずなのですが、2週間前の記憶がなくなっています・・・試合では初手対面(パルシェン対ジバコイル)がまずかったです。試運転をすることが大事なパーティなのだが全くできなかった・・・改めて見直してみると穴がかなり多いので試運転、再検討をすればもう少しまともになるのではないかと思います。2メガにしたため穴ができてしまったみたいですね。選出例を含めてパーティをうまく考えられるようになりたいですね。

 このパーティになったいきさつをここまで忘れていたとは思っておらず、記事を書くのが大変でした・・・明日はこの大会で一番考えさせられることになったパーティの紹介を使用と思います。

では、バイニャラニャライバー。
プロフィール

だいふく

Author:だいふく
ポケモンとかガンダムとか鉄道とかを愛好する和菓子。
アニメも適当に見ている。中身はおそらくこしあん。
適当に記事を書いていきます。リンクフリーです。
ちょいちょい生放送しています。
ニコニコミュニティ
記事に対する意見等はコメント欄に書いていただきたいのですが、ブログ全体に関する連絡等はこちらのアドレスに行ってもらっても構いませんz_daifuku_koshian_474あっとyahoo.co.jpまでお願いします。(「あっと」を@に変換してください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。