FC2ブログ

3周年

私がリリース時からずっと遊んでいるセブンズストーリーというゲームが3周年を迎えました。
きっかけは些細なことだったのですが、初めてのスマホゲーで、自分でもここまで遊ぶとは思っていませんでした。
とはいえせっかくの戦略要素を生かせていないので、つくづく頭を使うのが苦手なのだなと実感しております・・・
このゲームの後にいくつかソシャゲをやってみたものの続いているのはこのゲームだけですね。
ソシャゲとはどういうものなのかを色々学んでいます。加えて自分は頭使うの向いていないなということも・・・
ガチ勢の方々は本当にすごいですね。あらゆる面ですごいと思わされています。

ややネガティブなことを言っていますが、ゲームの内容やキャラクターが好きなのでここまで楽しめています。
サポートは基本的にエルウィンでイベントキャラがレベル100以上かつTP育成が終了していたらそのキャラになるようにしております。
エルウィンさんなのはリセマラで一番初めにお迎えしたキャラだから。そして最初期のセブストをやっていた人ならわかるであろうエルウィン一強案件を語り継ぐためにだったり(?)。
といっても一番好きなのはセプティムなんですけどね。ほかにはアルルエルルとかフェクタとかシエラとかミスティとか・・・あれ・・・?

なんだかんだで続けるつもりの思い入れのあるソシャゲの話でした。

ゆるゆる勢ですが気になる方がいればコメントしてください。
スポンサーサイト



ご報告

ブログでの報告が遅くなりましたが、2週間ほど前にメタモン供給を行っていたYのセーブデータが壊れてしまいました。
そのため、今後ZTSの継続は事実上不可能になりました。
また、メインYにいた850匹弱のジガルデを喪失してしまいました。

プレイ時間約5500時間と自分でも信じられないほどメタモンサファリで活躍してくれたロムなのでただただ悲しいのですが、ORAS発売まではZTSメインロムとして、ORAS発売後もZTSと各ロムへのメタモン供給を一手に担い、頻繁にバンクに接続していたことを考えるとやむを得ないのかもしれません。

厳密な保有数を確認するつもりはないのですが、Yのデータがなくなったことでジガルデ数は30000を切っているのは確実だと思います。
ですが、これ以上のZTSの継続は困難であるためこれをもって私のジガルデ収集は正式に終了となります。

これまで交換してくださった方、応援してくださった方、ZTSの存在を教えてくださった某氏、サファリを提供してくださった某まじん、本当にありがとうございました。

そうぞうりょくが足りないよ

久しぶりにORASのストーリークリアをして、エピソードデルタまでクリアしていました。
私にとって2回目になるORASであり、今回の目的はエピソードデルタのクリアと伝説のポケモンにあったのでストーリーは飛ばし気味だったのですが、えんとつ山やゲンシカイキ演出そしてエピソードデルタ等記憶があいまいだったり気になっていた部分についてはしっかり楽しんでいました。特にエピソードデルタはもともとORASにはなかった話であることに加えてヒガナのキャラがネタとして有名になりすぎている印象が強く、結局ヒガナって何だったのかが理解できていなかったのでしっかり追いかけてみることが今回の目的の一つでした。
二度目のエピソードデルタを見た感想としては、やっぱりわからん。でした。
ヒガナの言う「そうぞうりょくが足りない」というのはRSEとORASがパラレルワールドであるということを示しているのだろうというのは今回納得したのですが、結局シガナは誰なのかという一番の疑問について全く語られていないんだなということがはっきりとわかりました。

思い返してみるとポケモンに出てくるキャラクターは全くと言っていいほど細かい設定がなく、それゆえにポケスペやアニポケのような2次創作のような作品群が生まれてきたり、受け手側が自由に想像できたりするというものです。
これはゲームにストーリーが細かくなってきた最近の作品においてもメインストーリーに絡まないキャラクター(ジムリーダや四天王含む)において適用できると思います。(というより設定が細かくあるキャラクターというとNくらいしか思いつかない気がします・・・)

そう考えるとヒガナにほとんど設定が付けられてない(流星の民でメガレックウザにできる伝承者である、シガナという名前のゴニョニョを連れている、ゲンシカイキかレックウザによる隕石破壊のために行動しているくらいの設定しかない)のは特に不思議なことではないということができると思います。
ではなぜこのキャラクターが気になったのでしょうか。

私の中での結論はシガナに関する言動からこちらが想像させられる話が重く、そこに大きな裏設定の存在を想像してしまうから。です。
おそらくシガナというのはヒガナと関係の深い誰かで今はいないというのがストーリーから確実に言えることだと思います。
ただ人の生き死にという重い話が絡んでくることに加え、おそらくシガナの死がヒガナの行動に大きな影響を与えていること、シガナとヒガナの関係が親子のように連想されるシーンがあること、こういうことを多くの人が連想できるであろうレベルの表現をしているということから、そこにちゃんとした設定があるのではないか、あってほしいということを期待してしまうのだと思います。

少し冷静に考えると、同じORASでもアオギリやマツブサだって情報量は変わらないはずなのに、なぜ彼らがそう思うに至ったかということはあまり気にならないのです。それらの間にある差は意味深な言動の有無と人の生き死にという情報の重さなのでしょう。


受け手の想像にゆだねる設定や展開というのは多々見受けられるものであり、そこから先を考えることは楽しいものなのですが、あまりにも意味深な終わらせ方というのもモヤモヤが残るので考え物だなということを再認識しました。これは私に「そうぞうりょくが足りない」せいであり、私がやや原作厨であるせいでもあるのでしょう。結局想像だといくつもの展開や設定を考えることができ、一つに定まらないのがもどかしく思えてしまうのです。
そのような展開をもう少し素直に楽しめるようになりたいものです。

続きを読む

クオリティの進化

最近1年半ぶりにガンプラを組みました。
一つはHG GN-X IVです。00シリーズのMSはどれも好みなのですが、その中でもGN-X系統は特に好きなのです。(00系列だとトップはリボーンズガンダムだったりしますが・・・)
GNランスというちょっと不思議武器を持つGN-X IIIからオーソドックスな構成に戻ったGN-X IV。シルエットはだいぶGN-Xらしさが薄れていますが、量産機らしさが出ていて良いと思っています。何より起動時にカメラアイが4つに割れる演出良くないですか?
GN-X IVになってようやく主人公サイドになったのもあってかかっこよさが数段上がっていると思います。強敵として登場したGN-Xもかなりかっこよくて好きですが、やはりMSとして洗練されていった雰囲気のIVにはちょっと勝てないと思います。
プレバン限定でGN-XがベースのビルドファイターズのGN-X IVの色違いらしく、GN-Xのシールドが組めたり、組立図はビルドファイターズのものだったりしましたが、HGらしく組みやすいながらもクオリティもなかなかでした。ロングorショートのGNビームライフル、GNサーベル×2、NGNバズーカ×2、シールド×2、GNバスターソードとかなり武器も多く、さすが量産機、遊びがいがある内容になっていました。

GN-X IVを組んだ1か月ほど後にRG フォースインパルスガンダムを組みました。
発売直後にガンプラを組んだのは初めてかもしれません。
SEEDのMSの中では主人公機のはずなのに影が薄い印象なのですが、私としてはストライクよりインパルスのほうがかっこいいと思っているので、RG化は非常にうれしかったです。
HGを組んで日も浅かったため、RGのクオリティの高さを組みながら実感させられました。フレームをほとんど採用しなくなったこともあってか安定感がある上にパーツ分割、モールドの数、可動域、部品数と何から何までがすごい内容になっていました。その分時間もかかってしまいましたが、これはHGに戻れないかもしれないと思わされました。
インパルスでひとつ面白かったのが組み立て順がコアスプレンダー、チェストフライヤー、レッグフライヤーの順になっていたため足を組む前に武器を組むようになっていたことです。普通武器は最後に組む場合が多いと思うのですが、製作陣のこだわりを感じるとともに自分はMSじゃなくて航空機を3機組んでいるという重要な設定を思い出すことができました。

組むのに時間はかかるのですが、完成してから色々いじくる時間の楽しさはガンプラを組む醍醐味だなと久しぶりに感じることができました。
現在手元に2機のRGがあるのですが、これらが組まれるのはいつになるのやら・・・おそらく次に組むのは現在プレバンに発注しているRGになるような気がしています。そして実家には・・・

正真正銘最後の単位更新

単位更新のお知らせです。
1だいふく=30000になりました。


2013年11月30日に1匹目のジガルデをZTSで手に入れてからちょうど6年5か月(2343日)かけて30000匹に到達しました。
7世代の途中から餅べがなくなりほとんど集めていない時期が長かったのですが、ふと3月末に調べると28918匹と頑張れば30000匹に到達できそうな数値が出てきたことから少しやる気を出してちょうど1か月間ZTS活動を行い、この記録を達成しました。
ちょうど5か月というのは狙っていたわけではなく偶然なのですが、キリのいいタイミングでうれしかったです。
久しぶりに1か月間本気で周回(7世代7ロム+6世代4ロム)した結果1日平均34.9匹という8世代とは思えないペースでジガルデを釣り上げておりました。ひたすらにYのフレンドサファリでメタモンを集める日々で、最盛期の私は本当に頭Bだったのだと改めて実感させられました。
ジガルデを30000引き集めたということはつまりメタモンも30000匹以上集めたということになりますが、(最初の数千匹は個体値確認せず放流していたとはいえ、)これだけ集めても6Vメタモンは手に入りませんでした。色メタモンは28匹捕まえており、色違い出現率は約520分の1くらいといったところでしょうか。
7年前に師匠から釣り方を教わって、禁止伝説をただの2Vメタモンと交換してくださるやさしい方々のおかげでここまで来られました。ここまでくれば自信をもって、私は世界で一番ジガルデを集めた者である。と言い切ることができます。

現状では残りキャパが400匹程度ということもあるので、これ以上の単位更新は本当にありません。(7世代の期間中ひたすら集めていれば40000もありえたかもしれませんが・・・)今後は残ったメタモンの放流は行いますが、ほかのことに時間を使いたいのでZTSは終了します。

最後に30000匹到達報告配信で作成したジガルデ数のリストを貼っておきます。私のジガルデ数に疑いを持つ方は1週間以内であればTSを確認していただければと思います。


ジガルデ30000
プロフィール

だいふく

Author:だいふく
ポケモンとかガンダムとか鉄道とかを愛好する和菓子。
アニメも適当に見ている。中身はおそらくこしあん。
適当に記事を書いていきます。リンクフリーです。
ちょいちょい生放送しています。
ニコニコミュニティ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR